造園家、作庭家などの手による名園

庭師(にわし)と庭を作る人を言う。昔は園丁(えんてい)とも呼ばれていた。庭石の木や池、水路に芝など、庭を一つの造形空間として設計施工、製作している人、そしてそれらの木などの植物の成長を管理し、定期的に整理し、管理業務も専門家である。 庭師と造園家日本の場合、小川治兵衛のような庭に関する事項全般、施工の管理などのタスクを実行するだけでなく、デザインも行うことになるため、庭師が造園家、作庭家などに報告されている場合があることが重森三玲のような庭の研究者や機関に勤務している千葉 造園技師が名園を作庭する庭場合も多く、造園家や作庭家はこのような人々を含む総称ていうようになる。たとえば、イギリスのランスロット・ブラウンは庭師もあったが、欧米などでgardenerとgarden archtect別なので、小川治兵衛のような人物の肩書を英語に翻訳する際注意が要求される。 概要すでに古代の造園技術が発達して、バビロンの空中庭園とローマのドムス・アエリアやハドリアヌス庭園(ヴィラ・アドリアーナ)など、大規模な庭園が造営されていることが知られている。しかし、機械的な業績全般を軽視し、古代社会では、庭造りの地位は、一般的に低かったという。オスマントルコの宮廷庭師は首切り役人もしていたほか、身分の高い人が裁判で死刑判決が下された場合、死刑判決が出た被告と徒競走の相手し、被告が競争に負けた場合は、直ちに死刑執行、被告が勝った場合は、国外追放等の職務に従事していた。 トルコでは他の16世紀のチューリップの交配が盛んに改良新種が次々に生まれた時代には、チューリップの専門の庭師も誕生しているが、当時のイスラム長官エブスード・エフェンディまでもが"楽園の光"と呼ばれた新しいチューリップを作っているとなっている。トルコはまた、インドを侵略したときにパプリカを思い出させるような蔬菜を、宮廷の庭師に栽培していたがハンガリーに伝わる唐辛子にまつわる伝説で知られている。
[PR]

# by tatatantatatantat | 2010-07-28 12:15